一般社団法人 日本腎不全看護学会

慢性腎臓病療養指導看護師(DLN)

HOME  »   慢性腎臓病療養指導看護師(DLN)   »   受験資格

受験資格

2019年9月19日 更新

下記の6項目を満たす者

  1. 日本国の看護師の免許を有すること(准看護師は不可)
  2. 一般社団法人 日本腎不全看護学会正会員歴が通算して3年以上あること
  3. 慢性腎臓病看護領域実務経験が年度末(8月31日)の時点で通算3年以上あること
  4. 看護実務経験が8月31日現在で通算5年以上あること(慢性腎臓病看護領域実務経験3年以上を含む)
    (実務経験年数は、申請時ではなく、8月31日(年度末)での見込みも可。)
  5. 慢性腎臓病看護領域(CKD・血液透析・腹膜透析・腎移植)の看護実践の事例報告を1例提出のこと
    (管理的業務に従事している場合は看護管理事例を1事例提出するのも可とする)
  6. 受験資格ポイントが30ポイント以上取得できていること
    ポイント取得対象の学術集会・セミナーなどの参加証または領収書(ともに氏名が確認できるもの)を受験申請時まで保管し、証拠書類として提出する。

◆第17回DLN受験要項はこちら

◆受験申請に必要な事例報告の書き方はこちら

◆様式1:事例報告書式はこちら

◆受験資格ポイント一覧表はこちら

【お問合せ】(2019年9月1日より問合せ先が変更となりました)
一般社団法人日本腎不全看護学会 事務局 【DLN認定窓口】
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1-4F (株)ガリレオ 学会業務情報化センター内
Email:g045dln-info@ml.gakkai.ne.jp
FAX:03-5981-9852

このページの先頭へ