一般社団法人 日本腎不全看護学会

学会概要

HOME  »   学会概要   »   委員会   »   DLN委員会

DLN委員会

2019年5月11日 更新

 2004年から始まったDLN認定制度は、現在ではその資格を持つ人は1000人を超え、毎年増え続けています。

また、20179月に慢性腎臓病療養看護師(Dialysis Care Management of Chronic Disease Leading Nurse :DLN)と名称を変更しました。

全国を8地区に分け、透析療法を中心に地区セミナーなどを開催し活動していましたが、今後はCKD看護から血液透析療法、腎移植、腹膜透析などにも広く活動範囲を広めます。

2019年、DLN県代表者会を開催し、今後各県で県代表を中心にDLN活動を行っていきたいと思います。

DLNバッチもあります。ご利用ください。

このページの先頭へ