TOPページ | 災害支援

関係各位

このたびの「熊本大地震」で多くの方々が被災し、非常に困難な状況に置かれています。
 私たちに今、できることは何なのかを一緒に考えたいと思います。当学会としては、透析医療に特化した役割があると考えます。
 日本透析医会、日本腎臓財団から被災地支援のための寄付の募集が始まりました。
 また、「平成28年熊本地震」による被害は長期化する事態も考慮し、「透析業務のできる=シャントに穿刺できる」スタッフのボランティア登録を開始しました。
 下記のリンクからボランティア登録ならびに情報収集、情報提供をお願いします。
 

一般社団法人日本腎不全看護学会
         理事長 内田 明子
セーフティマネジメント委員長 佐藤 久光
広報委員長 水内 恵子