TOPページ | 学会概要| 委員会| 認定委員会

認定委員会

目的:
腎不全看護における臨床看護の質の向上と専門性をめざし、透析看護師の認定に関する事項を審議し会員の資質の向上を図ることを目的に活動しています。
活動内容:
「6学会合同認定透析指導看護師」の認定制度に関わる活動をしています。年1回開催の認定試験では、平成25年度の第11回認定試験までで合計1,394名の指導看護師が誕生しました。第1回再更新では36名、第6回更新では81名が更新認定され、現在、1,057名の透析療法指導看護師が活動しております。また、平成26年度からは認定委員会主催のDLN対象を主とした研修会を企画・運営しております。他に、認定試験受験資格ポイント取得対象地方会審査や「日本看護協会認定透析看護師」の支援も行っています。